HOME > 会社概要 > 沿革

沿革

昭和29年 足立正之により名古屋市千種区豊年町1-6にて創業
昭和35年 遊技機業界との取引が始まる
昭和37年 春日井市上田楽町に春日井工場新築
設備 アンケル24t
昭和44年 名古屋市千種区豊年町から春日井工場へ本社移転
昭和45年 本社事務所・工場新築
組織(総務部・研究開発部・営業部・製造部・業務部)確立
昭和57年 品質管理体制強化を目的に製品管理室・検査室設置
昭和60年 製品倉庫増築(鉄骨2階建造り)
昭和63年 研究開発部(設計課・試作課・デザイン課・電子課)体制確立
平成2年 春日井市上田楽町に本社ビル新築(鉄骨4階建造り)
平成3年 名古屋市千種区神田町に名古屋事業所新築
組立一課として業務開始(鉄骨5階建造り)
平成3年 成形工場増築
(射出成形機 大型機×1台)
(射出成形機 小型機×8台)
生産技術向上を目的に技術部を確立
6部体制スタート
技術部(生産技術課・品質管理課・検査課)
平成7年 春日井市高森台に研究開発を目的に高森台
テクニカルセンターを新築研究開発部から電子課を分離し、電子開発事業部として高森台テクニカルセンターにて、ハード・ソフトの開発に力を入れる
平成11年 製品開発機能の統合、業務の合理化、生産性の向上拡大を目的として小牧市下末に進出を計画
平成11年 新社屋新築工事着工
平成12年 新社屋完成(10月)
本社屋(鉄骨5階建造り)製品工場・倉庫(鉄骨3階建造り)
平成12年 本社及び工場、春日井市から小牧市へ移転
同時に高森台テクニカルセンター電子開発事業部を電子開発部として本社に吸収移転
平成13年 新社屋にて業務開始
平成13年 組織改編 6部14課の新体制で発足
平成16年 組織改編 10部17課の新体制で発足
平成17年 液晶開発業務拡大の為、東京都台東区にて東京開発センターを設立
生産業務拡大を目指し、5階建生産工場を増築
情報セキュリティー強化を目的としたシステムを構築
10部18課体制で発足
平成18年 業務効率向上を目指し、8部16課体制で発足
平成21年 構内に警備室を設置。許可証を発行し、防犯セキュリティ面の強化を図る
平成22年 東京開発センターを東京都台東区より港区芝公園に移転。
平成25年 第二工場新築(鉄骨7階建)