足立ライトの
モノづくり
CONCEPT

遊び心を忘れない、
心が躍るモノづくり

足立ライト工業所が作る遊技機は、各部門における社員たちの自由で斬新なアイデア、確かな技術、そしてエンドユーザーに向けた様々な想いが詰まっています。アミューズメント業界に属する企業として大切にしていることは、楽しみながら新しい製品づくりに挑戦していく姿勢。仕事中も動画を見たり、子ども向けのおもちゃで遊んでみたり、アイデアの根源となる “遊び”を推奨しています。

当社に集まるのは、『おもしろそう!』『ワクワクする!』と感じることに飛びつく人たち。学生時代の専攻分野やパチンコ好きかどうかは関係ありません。社員同士で協力し合って理想を追求し、お客様とその先のエンドユーザーに、驚きと感動を与える一台を生み出すことを誰もが心から楽しんでいます。
自分たちがつくり上げた機種がホールにずらりと並ぶ姿を目にするのは、一番の喜びであり、揺るぎない誇り。どんな時も遊び心を忘れず、これからもモノづくりの醍醐味を味わい尽くします。

MOVIE

足立スイッチMAKING ver.

人生を遊ぼう

仕事を楽しむことは、人生を豊かに過ごすことにつながります。一日の大部分を費やすものだからこそ、心から楽しめ、打ち込めることを仕事にしませんか。足立ライト工業所には、大人になってもワ クワクする気持ちを忘れず、楽しみながら仕事をする人で溢れています。
短期間に様々な機種が登場し、その一つひとつが異なる個性をもつ遊技機。企画や設計、製造など、すべてが簡単にはいかないからこそ、各自のアイデアが活き、つくる喜びを体感することができます。
―人生を遊ぼう。
私たち足立ライト工業所は、遊びを世に生み出す企業として、社員全員、そして関わる人々が仕事を、人生を、心から楽しめる場を提供し続けたいと考えています。

足立スイッチに込めた
私たちの想い

足立ライト工業所らしい“ワクワクする自由なモノづくり”を表現しようと始まった、足立スイッチづくり。ついつい見入ってしまう独特な玉の動きは、パチンコの原点といわれている、球を棒でついて盤上で転がし、釘に当たりながら落ちた穴の点数を競う「コリントゲーム」に通じており、遊技機作りの発想と近いものがあります。 大人たちがワイワイガヤガヤ、真剣になってワクワクする仕掛けや遊びづくりに取り組む姿は、当社のモノづくり精神そのものです。 失敗にくじけることなく、他部署間で協力しながら、最後まで遊び、楽しむ中で理想を実現していくこと。足立ライト工業所の強みである、遊びを技術に変える力とチームワーク力を最大限にいかすことで、「人生を遊ぼう。」のコンセプトを体現した私たち独自の足立スイッチが完成しました。これを見て楽しそうだと感じてくれる方と一緒に働きたい。そんな想いが込められた装置です。

BEHIND
THE
SCENES

試行錯誤!体力勝負!の
オープニングムービー舞台裏

イメージを描いた絵コンテをもとに、「まずは実際にやってみる!」と早々に現物合わせをスタートさせたこの企画。普段使っている作業机で玉を転がすところから始めましたが、なかなかイメージ通りにはいきません。あっちへ転がり、こっちへ転がり…時には集中して仕事をするスタッフの脇で試行錯誤。様々な本や動画を参考に、トライ&エラーを繰り返しました。困難ばかりでしたが童心に帰って楽しみながら、「何しているの?」と興味津々で続々と覗きに来る社員たちとみんなで楽しさを共有できたことで、遊びに全力の社風を改めて実感しました。最後まで本当に完成するのかドキドキでしたが、完成した時の喜びとホッとした気持ちは忘れられません。アイデア出しや試作を手伝ってもらったことで、様々な部署との密なコミュニケーションが生まれたこと、そして社内を駆け回ったメンバーたちの体力向上!?が大きな収穫となりました。