INTERVIEW

QUALITY 品質管理

Y.K 2008年入社

不良品を限りなくゼロに近づけ、
品質を守り抜くことが信頼につながる

治具の精度を上げることで、
組立の効率と品質を向上

現在の仕事内容を
教えてください

品質を守るため、開発から量産まで幅広く携わっています。開発段階では、量産時に組立不良が発生しにくい構造を検討し、開発メンバーにフィードバック。量産段階では、作業上の注意点などを示した指示書を作成し、生産現場で実際に正しく作業が行われているかも確認しています。各部品の位置や向き、取り付け方など間違いのない組み立てをサポートする「組立治具」の製造も大事な役割。治具の精度を上げることで、組み立てる際の効率と品質の向上につながります。

足立ライト工業所を選んだ
理由はなんでしたか

大学時代、パチンコやスロットは毎日のように通うほど大好きでした。仕事にするなら好きなことや興味のあることをやりたいと思い、入社を決めたのが当社です。学生の頃までは、足立ライト工業所のことを知りませんでしたが、実はずっと大学への通学中に前を通っていたことに気付き、縁を感じました。好きなことを仕事にできた今、パチンコホールに行くと、自分が携わった製品で遊べるのは本当にうれしいです。

わずかな原因も見逃さず、
不良品ゼロの現場を目指す

やりがいを感じるのは
どんな時ですか

品質担当は、不良品を限りなくゼロに近づけることが常に目標です。お客様への不良流出がなく、「足立ライト工業所さんの品質の良さはさすがだね!」と声をかけていただいた時はやりがいや使命感を感じます。一つひとつの積み重ねが、お客様との信頼関係づくり。私たち品質管理が目を光らせなければ、品質低下、信頼低下につながりかねません。不良の原因には、必ず答えがある。最後まであきらめず原因究明し、細かな寸法調整まで徹底して行うことが大事だと思っています。

大変なところはありますか

なかなか不具合や不良の原因がわからない時です。自分一人の力でわからない時は、先輩方や他部署の方々に意見をいただき、解決策を探ることもあります。精密機器なので、素材がたった0.1mm厚いだけで動かないなど、わずかな間違いが原因につながってしまう。量産中であれば、不良によるストップでロスを生んでしまうため、スピード感も求められる仕事です。原因の推測をスムーズに行うためにも、とにかく経験を積むことが大事だと思っています。

次から次へと新機種が
登場し、
新鮮な気持ちで
仕事ができます!

品質管理に関して全くの素人でしたが、上司や先輩の皆さんがやさしく丁寧に指導してくれ、仕事を覚えていくことができました。社内の野球部でも活動しており、小牧市民球場で練習や試合を楽しむなど、和気あいあいとした職場環境だと思います。パチンコ業界は2~3ヶ月スパンで新機種がリリースされるので、次から次へと新しい商材に携われるのも魅力。常に新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができます!