INTERVIEW

INTERVIEW

TECHNOLOGY生産技術

Y.H 2014年入社

幅広い業務で製品に携わる
“開発”から“量産”への架け橋的存在

開発から量産までの
幅広い業務に対応

現在の仕事内容を
教えてください

生産技術の仕事は実に幅広いです。新規の商材では見積りやデータの検討、金型業者さんとの打ち合わせ、上がってきた金型の試作と調整、金型のメンテナンス……。簡単にいうと、製品を量産にもっていくために各フェーズで調整する仕事という感じです。問い合わせや出来事に臨機応変に対応することが求められます。

足立ライト工業所を選んだ
理由はなんでしたか

企業の合同説明会に行ったのですが、足立ライト工業所のブースにはなんと面白そうなパチンコ部品が置いてあったんですよ。そこで会社にも興味がわきました。個別説明会当日は、ハンドル部分の組み付け体験をしたのですが、大学時代に機械科専攻だったこともあり、とても楽しく取り組むことができました。社員さんの明るい印象もあって、楽しく働けそうだと思い、入社を決めました。

自分の仕事が
全国の
ユーザーを
楽しませる!

やりがいを感じるのは
どんな時ですか

自分の作った製品がパチンコ店のホールに並んでいるところをこの目で見ると、「この仕事は自分がやったんだ」と誇らしい気持ちになれますね。自分の手がけた機種は今、全国のパチンコユーザーに遊んでもらっているんだと思うと、とても感慨深くなります。
生産技術は開発から量産までのほとんどのフェーズに関わっていますし、1商材に対して1担当制なので、製品に対しての愛着も思い入れもあります。スケジュール通りに進んで量産へともっていけたときは、達成感も得られます。

大変なところはありますか

同時にいくつもの商材を担当していて、それぞれが別の進み方をしているので、スケジュール管理は大変だと感じます。1つの製品につき部品もたくさんあり、どこに不具合が出ていて、どんな調整が必要かなど、状況もさまざまです。それを頭の中でずっと覚えておくわけにはいかないので、私はオリジナルでリストを作ってそれぞれの進捗状況が一目でわかるようにしています。幅広い業務をこなすからこそ、スケジュールの“見える化”は大切にしていることですね。

風通しのいい会社で
人と関わりながら働ける

足立ライト工業所の魅力は、なんと言っても風通しの良さ。先輩・後輩・部署関係なく、とにかく会話と笑顔が絶えない会社です。顔を合わせば、仕事の話はもちろん、プライベートの話でも盛り上がります。特に生産技術は社内だけでなく社外の人ともやりとりがあるので、明るくコミュニケーションをとることができる人や、たくさんの人との関わりの中でモノづくりをしたいという人は、この会社に向いていると思います。理想を現実にする喜びを、一緒に感じましょう。